腕を組む作業服の男

近年都心を中心に通夜、告別を行わないで直接火葬するケースが増えてきました。 精一杯で葬儀費用の負担が大きすぎる場合や身内、関係者が少なく参列者が少ない場合、死者に愛情がなくまた無宗教で葬儀の必要性を感じないなどの理由で、僧侶なしで直葬を行う人もあるようです。 しかし、直葬を行う場合注意しなければならない点もあります。 自分だけの考えだけで行動せず親戚や知人に理解してもらう必要があります。また、基本的に病院では遺体は預からず死後24時間は火葬できないので遺体の預かり場所の確保が必要です。他納骨堂などお寺の敷地にお墓がある場合は、許可なく直葬すると納骨を拒否される可能性もあるので事前に相談しましょう。 葬式は個人だけでなく残されたものにも大きな意味合いがあると思う人も多く、直葬という考えは賛否両論わかれるところです。

直葬というサービスは基本的には、いくらでもあります。つまりは、直接、火葬場に持っていく、ということであり、これはかなり費用を抑えられるのです。 特に葬式に拘らない人がそうしたことをすることが多いのです。 ですから、今、この直葬というのが少しずつ増えています。しかし、爆発的には増えないと思われています。何しろ、どうしても体面的に葬式をしないといけない人もいるのです。そうした人はなかなか直葬をするのは難しいです。 しかし、じわじわと件数が増えているのは間違いなく、だからこそ、そうしたサービスを提供するとこも多くなっています。直葬というのは、これからも増えますが、主流にはならないでしょうが選択肢と覚えておくとよいです。