テープで貼っている男性
注目の記事
高齢化が招く現象

少子高齢化の社会となりお年寄り世帯が増えてきています。それと同時に孤独死という問題あり、亡くなった後の遺品整理は家族がする必要があります。処分に困ったり、時間が掛かる時は業者にお願いしましょう。

直葬について知る

以前は通夜などを挟んでから火葬を行なうのが一般的でしたが、最近は直葬という方法を取る人も増えてきています。葬儀費用の削減等にも繋がるため、故人の意思を聞いた上で検討に入れてみてもいいでしょう。

業者選択の注意点

遺品整理を頼む人が多くなっているため業者の数も増えてきています。業者の中に悪徳なところもあり、見極めが大事となってきます。その見極めや業者の探し方を紹介していきます。

家族と話し合う

いざ葬式となると、何から準備していいのかわからない方が殆どであります。まずは家族と予算や形式を話し合いすることから始め業者を選択します。葬式の内容について紹介します。

葬儀に掛かる費用

葬儀社は複数あり、その中から業者を1つ選択しないといけまんせん。業者の選び方のポイントと、葬儀に必要な費用やプランの内容はどうなっているのか相場を含めて紹介します。

遺品整理業者の実態

大阪の葬儀会社では様々なタイプの葬儀を行なうことが出来ます。最近では音楽葬などを選択する人が増えています。

他の遺骨と一緒に管理する方法となるのが、京都で永代供養の依頼を引き受けてくれるこちらの寺院となります。

案内する女子

まず遺品整理とは何かというと、故人が所有していた生活雑貨や衣類、家具、電化製品などの身の回りの物を処分したり、特殊清掃や消臭などをするお仕事になります。遺品整理は以前からあり、独身で親兄弟が居ない、近くに親戚が居ないなどの理由から依頼されるケースがほとんどでしたが、近年の傾向として忙しくて遺品整理する時間がない、遺品をどのように処分してよいのかわからないという理由から遺族側が依頼するケースと、子供に迷惑をかけたくないと亡くなる前から本人が遺品整理を依頼するケースがあり、利用する人が増えています。これから先需要が増えると予想される遺品整理というお仕事ですが、利用する際には遺品整理士の資格を保有している業者を選ぶことをオススメします。

遺品整理士の資格を取得している業者であれば、遺品を不法投棄したり、不当に高額な金額を請求される心配がありませんし、業者によっては遺品を処分する際にお焚き上げ供養を行ってから処分してくれるところもあります。ですから遺品整理を依頼する際には資格を取得してるかを確認することが重要なポイントです。それでは遺品整理にかかる費用を見ていきます。費用は部屋の広さと作業員の人数で決まる業者が多くなっています。1K作業員1名〜2名43000円、1DK作業員2名65000円、1LDK作業員2名〜3名100000円、2DK作業員3名135000円、3DK作業員3名200000円 これが基本的な金額で遺品の量などにより費用がプラスされます。

オススメリンク